なぜ必要とされているのか

カート

自社製品の売り上げをアップさせるため、企業の営業担当者が補えきれない店舗のフォローを行うラウンダー。主な仕事内容は、スーパーや百貨店などの小売店へ出向いて、商品の説明を行ったり、陳列や補充方法などの説明を行ったりすることです。ラウンダーに仕事は時間に融通が利きやすいため、子育て中の主婦などを中心に注目されています。その一方で営業との違いが良く分からないという声も聞かれます。営業は小売店などの販売担当者と商談することで、自社製品を採用してもらうことが主な仕事内容です。営業担当者は売上向上のために、あちこちの小売店にセールスを行う必要があります。そのため、店頭の陳列方法など、小売店での売り上げアップのフォローまで時間を割くことができないことも少なくありません。そこでラウンダーが小売店に出向いて、代わりに売り上げアップのフォローをするのです。もちろん、売上アップのための販売方法を自らが企画できるので、非常にやりがいのある仕事です。

食品の販売促進で活躍しよう

店員

ラウンダーが扱う商品は食料品から日用雑貨、文具や家電など様々な種類があります。ただ、どのような分社の商品を扱うにしても、いくつかの店舗を巡回して販売促進を行うことが基本です。ところでラウンダーが取り扱う商品で多いのが食品ですが、ハムやソーセージなどの加工食品をはじめとして、サプリメントなどの健康食品まで実に幅が広いです。ところで、食品を扱うラウンダーの勤務形態は人によって様々です。時間に融通が利く仕事であるため、週に2~3回程度するパート勤務の人も少なくありません。その間に自分が担当するスーパーに出向いて販売促進活動を行います。巡回先となるスーパーへは直行直帰となることが多く、その都度担当店舗の販売状況などを営業担当者に報告する流れとなります。また定期的に会社へ出向いて、担当ミーティングに参加しなければなりません。食品を扱う仕事であるため、賞味期限や消費期限のチェックなど、品質管理にはかなり気を遣う必要があります。また、食品の種類によっては気候や配送状況によって、品質や入荷状況に影響することも少なくありません。在庫管理には気を遣いますが、レイアウト作りやPOP広告作りを工夫して、顧客の目を向かせることも大切な業務でしょう。そして業務をスムーズに行うためには、スーパーの店長や現場の販売責任者との関係を良好にすることが大切です。何故なら、より広い売り場の確保や販促物の設置スペースの確保など、売上アップに貢献できるからです。食品を扱うラウンダーには特別な知識は必要ないですが、食に関わる仕事に就きたい人向けの仕事かもしれません。

定期ラウンダーで売上は変わる
店舗拡大や認知度アップには必須!