HOME>トピックス>顧客目線大切な陳列や宣伝業務はフットワークが重要

聞きなれない言葉だけど身近な存在

ラウンダーは職業の名前と言っても、聞きなれない方もいるでしょう。影の助っ人的な存在なので、あまり表立って接する機会は一般的な顧客ならありません。しかし、いつも手に取る商品も、ラウンダーによって見やすく目立つように整えられています。お店の商品を並べるのはお店のスタッフの方ですが、時期ごとに宣伝をすることもあります。その時に通常版とは別に目立つように、商品にPOPシールを張ったり、専用の説明のボードを作ったり、商品を陳列するBOXを作ったりと、売り場を盛り立てる演出をするのがラウンダーです。ラウンダーはメーカーのスタッフとして見られますから責任がありますし、仕事が完了すれば報告してチェックを受けます。ただ、難しいことや商品の専門知識などは不要なので、多くの方が挑戦することができる仕事です。

短時間から作業ができるのもメリット

メーカーのスタッフとしてお店で作業させてもらいますが、店舗そのものや棚ごと改装と言った大掛かりなことではありません。そのため、1つの仕事で費やす時間は30分程度から長くても数時間です。ラウンダーとして稼働する指定の時期はありますが、その期間内なら自分でスケジューリングが調節できるのもメリットです。作業を集約させるのもいいですし、数日に分けて短時間から行うのも可能です。ラウンダーは自分らしい働き方ができるので、年齢や生活スタイル関係なく幅広い方に無理なく働くことができます。